代表

森野 一真Kazuma Morino

災害医療に関する資格

  • DMAT検討委員会委員
  • 日本集団災害医学会MCLS検討委員
  • 日本集団災害医学会評議委員
  • 日本熱傷学会災害ネットワーク検討委員
  • 山形県災害拠点病院連絡調整協議会委員
  • 山形県搬送・受入実施基準協議会委員
  • 日本DMAT 統括DMAT

経歴

1985年3月
山形大学医学部卒業
2000年4月
山形県立救命救急センター救急科
2007年4月
山形県立救命救急センター診療部長
2012年4月
山形県立救命救急センター副所長

活動実績

DMAT隊員養成研修や総括DMAT登録者研修をはじめとするDMATの養成等に関与している。
また、災害医療や救急医療体制に関する厚生労働科学研究を行っている。
災害派遣経験として、国内では2007年新潟県中越沖地震、2008年岩手・宮城内陸地震、国外では2008年中国四川大地震がある。待機型派遣として2008年洞爺湖サミット、2011年APECにおけるDMAT活動を行った。
2011年東日本大震災では、DMAT山形県調整本部、山形県健康福祉部地域医療対策班支援、福島県緊急被ばく医療調整本部支援、宮城県石巻圏合同救護チーム本部支援などを行った。

現職

山形県立救命救急センター 副所長


理事

丸山 嘉一Yoshikazu Maruyama

現職

日本赤十字社医療センター 国内医療救護部長


監事

萬年 琢也Takuya Mannen

災害医療に関する資格

  • 日本集団災害医学会評議員
  • 日本病院薬剤師会/災害対策委員会委員
  • 日本DMAT東北ブロック連絡協議会ロジ部会事務局
  • 日本DMATインストラクター
  • PhDLSインストラクター
  • MCLSインストラクター
  • JICA国際緊急援助隊医療チーム薬剤師

経歴

1986年3月
日本大学理工学部薬学科卒業
1992年4月~
山形県立新庄病院/山形県立救命救急センター/山形県立中央病院

活動実績

  • 新潟県中越地震災害/山形県医療救護班 2004.10
  • 新潟県中越沖地震災害/後方支援DMAT 2007.7
  • 岩手北部地震災害/後方支援DMAT 2008.7
  • パキスタン・イスラム共和国洪水災害/JDR薬剤師 2010.9
  • 日本APEC/ DMAT羽田空港NBCテロ対応拠点本部 2010.11
  • 東日本大震災/DMAT宮城県活動拠点本部 2011.3
  • 東日本大震災/DMAT山形県調整本部 2011.3
  • 東日本大震災/山形県医療救護班 2011.3~4
  • ネパール地震災害/JDR薬剤師 2015.5
  • 熊本地震災害/熊本県医療救護調整本部 2016.4

執筆論文・記事

  • 「広域医療搬送計画における酸素供給に関する現状と課題」
    日本集団災害医学会誌 15:82-87,2010

現職

山形県立中央病院薬剤部 薬剤専門員


理事

森實 岳史Takeshi Morihiro

災害医療に関する資格

  • 日本DMAT隊員、統括DMAT、インストラクター
  • NDLSFインストラクター
  • 愛媛県災害医療コーディネータ
  • 愛媛県緊急被ばく医療アドバイザー
  • 松山圏域災害医療対策会議委員

経歴

1968年(昭和43年)10月 愛媛県生まれ
1993年(平成05年)03月 自治医科大学卒業
1993年(平成05年)05月 愛媛県保健福祉課(愛媛県立中央病院)
1995年(平成07年)~2000年(平成12年)温泉郡中島町(現:松山市)派遣
2001年(平成13年)~2006年(平成17年)東宇和郡野村町(現:西予市)派遣
2003年(平成15年)06月 西予市立野村病院外科部長
2008年(平成20年)04月 愛媛県立中央病院救急診療部部長
2012年(平成24年)04月 現職

活動実績

1995年02月 阪神大震災:神戸市長田区に愛媛県救護班として派遣
2010年11月 APEC横浜:待機医療チームとして横浜市内に派遣
2011年03月 東日本大震災:DMAT(仙台市)、同4月いわき待機
DMAT(福島県いわき市ほか)、同5月愛媛県立病院合同医療班(宮城県石巻市)

現職

国民健康保険久万高原町立病院