災害医療ACT研究所ロゴ

TEL0225-21-7220(内線2002) 〒986-8522 宮城県石巻市蛇田字西道下71番地

災害医療ACT研究所

災害医療コーディネート研修

災害医療ACT研究所「試合コース」研修概要

①災害想定俯瞰演習(MAPD)

各地域の災害被害想定等を地図に書き込みながら、現在の救護(医療)計画とその課題について議論します。最後に各地図を結合、都道府県全体を俯瞰し、より良い救護(医療)計画の策定につなげていただければと考えます。

②避難所アセスメント演習(HAE)

災害時に市町村が設置する避難所の評価(アセスメント)について学びます。東日本大震災で石巻圏合同救護チームが実施した避難所アセスメントの実際を体験できます。それらの評価結果を災害医療コーディネートに生かす手法についても研修します。

③本部運営技術演習(KUGE)

災害医療コーディネートチームとして、医療本部の運営に必要かつ重要な技術として、情報管理や情報の記録の方法について演習します。

④本部運営体験ゲーム(HAG)

参加者皆さんが、災害医療コーディネートチームをつくり、東日本大震災で発生した難題を本番さながらに解決してゆく体験型ゲームです。

⑤避難所運営ゲーム(HUG)

静岡県が開発した、避難所運営を誰もが楽しく疑似体験できるカード型ゲームです。避難所運営の実際を知ることは、災害医療コーディネートに不可欠です。

⑥救護班調整演習(MAC)

仮想の被災地域を用い、被災地外から派遣される救護班の受け入れのあり方について、学びます。